ホーム 事務所紹介 業務案内 相談窓口 お見積 求人募集

土地売買のための確定測量は、当事務所の一番得意とする業務であり、皆様に一番支持されている業務だと自負しております。
売買のための確定測量の場合、お客様からは「時間」「価格」「当然、正確性」が求められます。

土地売買のための確定測量

その期待に応えるには、機動力の良さはもちろん、経験に基づく効率の良い作業、素早く的確な判断力、それを可能にする専門的な知識が必要です。
土地家屋調査士としての総合力が試される作業と考えております。

昨今の土地売買取引の場合、確定測量は必須になりつつあります。
確定測量図には3つの大きな目的があります。

確定測量図の3つの大きな目的

境界石不動産売買に関係する確定測量の場合、「時間的制約」がかかる場合が非常に多いです。
その理由は、期限内に確定測量を終了しない場合、不動産売買が白紙解約になったり、違約金が発生したりすることがあるためです。
また、「価格」に対する要求はお客様からは当然あります。
しかし、「時間」「価格」にばかりとらわれるばかりに、正確性を欠き、本来トラブル防止のために行っている確定測量が、新たなトラブルを生むようでは元も子もないことです。

当事務所は、日々、「効率の良い、正確な作業」を標榜し努力しております。

土地を売買される方は、まずは、下記事柄を確認してみてください
◆現況実測図・見本
現況実測図・見本
◆境界確認・見本
境界確認・見本